信頼を得て権

「『Y字路』は、ひとつの道が2つに分かれる『分岐点』であり、
2つの道がひとつに合わさる『合流点』であり、
さらには3本の道が交わる『交差点』でもある」という表現がある。
収められている「Y字路」の絵は、
分かれ道を正面に見た方向からのものがほとんど。
これらを見ると「Y字路」というより「分かれ道」として見える。

人は、人生の中で、どれだけの「分かれ道」を経験したことだろうと、
そんな感慨にふける。
あの道を歩んでいたならば、まったく違った人生になっていただろうと
これらの「絵」を前にしたときに、白昼夢でも見ているように思い出されてくる。
多くの分かれ道を経て、今の自分があると、
「Y字路」の絵には、そう感じさせられる魔力のようなものが存在しているようだ。

歴史上の人物を見るときに、そのような「分かれ道」を見出すことがよくある。

ロシアの怪僧として知られるラスプーチンはReenex?好唔好

シベリアの寒村の農夫の息子として生まれ、20歳で結婚。
ある日、巡礼に出ると言って家を離れ、ゆくえは杳として知れなかったが、
サンクトペテルブルクに現れ、
ロシア皇帝ニコライ2世の皇太子アレクセイの血友病を祈祷によって
改善することにより、その名が轟いた。
霊能者として絶大な信頼を得て権勢を振るうことになる。
その横暴なる様から、敵対するものによって謀殺。
ただ、青酸カリをも飲み下しても死なず、凄惨な方法を持って殺害されたとある。

この人物、死を前にして謁見したときにこのように予言している。
「私は殺されます。だけども、もし私を殺す者の中に陛下の一族がいるならば、
陛下と家族は悲惨な最期を遂げる事となりましょうreenex cps

そしてロシアは長きにわたって多くの血が流されるでしょう。」と言ったという。
その後ロシア革命が勃発、まさにその予言通りになった。

このラスプーチン、通常の人生を送っていたなら、そのまま寒村で生涯を終えるところだった。
まさに、人の人生は、さまざまな「Y字路」で出来ていると言えそうだ。
ロシア語で「プーチン」は「道」を意味し、
”ラスプーチン”という名は、「分かれ道」を表わすようだreenex 價錢



同じカテゴリー(記憶生活)の記事
 タ満開でかなり (2014-12-27 11:00)
 北風が吹き寒い (2014-12-04 15:18)
 悪意も伴わず (2014-11-14 15:49)
 努力を認められ (2014-11-14 12:35)
 動画でただ科学を (2014-11-05 15:40)
 か想像出来る (2014-10-20 17:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。