れは運動不足

 私たちの中には二種類あって、苦労せず入眠できる者と、なかなか
寝つけない者とがいる。たとえば私の姉が、前者である。姉は夜に帰宅すると、化粧も落とさず寝入ってしまうことがあり、私はその様子を批判の目で眺めつつ、実はうらやましかった。週末など、姉はそれこそ
一日中眠っていられた(食事時を除く)。さらに夜になっても難なく寝ていた!  
 私はといえば、週末でも朝になれば目が覚めてしまう。起きなきゃと
思いつつウトウトしながら何時間も過ごす、あの心地よさは私だって知っている。が、病気にでもならない限り、そんなまどろみさえ私には難しい门禁读卡器


 4歳下の弟が生まれるまで、どうやら私は両親と 寝ていた。父親の
いびきを夜通し聞いていた記憶があるので。一定のリズムとメロディーで構成された父のいびきは、パターンがいくつかあり、同じ順序でくり返される。することがないので、じっと耳を澄ましていたら 一連のいびきを
すっかり覚えてしまった。暗闇の中をひとりで「次はガーガーだ」とか「次はピン!だ」などと考えていたのである。
 弟が生まれ、私と姉は上階の二段ベッドで寝ることになった。眠れないと訴える私に、母は目をむき、顔をしかめて言った「おまえ、それは運動不足だよ」。
 というのは私が、ぬいぐるみと遊んだり絵本を制作したり、室内遊びが好きな子どもだったから。「お外に行って 元気に遊びなさい」と
よく言われた。母の歯がゆい気持ちが今ならよくわかるが、そう言われたところで私は変わらなかった。
 「うんどうぶそく」という言葉を聞いたその時、意味はわからぬまま、なにやら恐ろしくて身震いしたのだけれど。母はまるで怪奇現象について語るような口調で 言ったのである拉菲紅酒

 それから成長し、授業中まで寝てしまった時期もあったものの、概して私は眠れない人間であり続けた。
 夜中に目が覚めるのもまた嫌なものである。夫には初めのこそすれ、夜中に「眠れないの」と甘えることもできた。今は話しかければ嫌がられる。ちょっと動いただけで怒られる。私は何故か3時に目覚めることが多く、3というデジタル数字を見て絶望する。そして考え事を始めてしまい、もう1時間もたってしまった!と、時刻を確認しては焦りをつのらせる。
 そんなわけで、娘(10歳)がたまに眠れないと言って夜中に来ると、私はつい布団に入れてしまう。娘は決して眠りの浅い子ではない。それでもたまに暗闇が怖い、一人では寂しいと訴えてくる。長かった添い寝の弊害だろうか。
 添い寝の経験が一切ない夫は、自分のベッドで寝葡萄酒





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。