悪意も伴わず

その文章によると、例えば『2歳顔』の人は、実年齢2歳のときに『誰が見ても2歳』と見られて、それ以後の人生では、実年齢より若く見られ続ける、のだそうです。なぜなら、『2歳という年齢にぴったりはまる顔』だからです。逆に、例えば『63歳顔』の人は、実年齢63歳までは老けて見られるんだけれど、63歳のときに『両者がぴったりはまる』ので、64歳からの人生では若くみられる、ということですね。もちろん、言うまでもないことですが、『2歳顔』と『63歳顔』との間に優劣や善悪がある、とかいうことではありません。両者が『ぴったりはまる』年齢は、ひとそれぞれであり、人によって結構な『時間差』がある、ということです。
 なんだって、僕がその言い分に大きく頷いたかというと、他でもない僕の実体験が説得力のある実例になったからです。
 おお、そうか、俺は『だいたいウン十ウン歳顔』だったんだ!と上述の文章を読んで、ハタと膝を打ったのであります。

 あれは、確か、高校一年生の時のことです门禁读卡器
 僕は、ある平日の午後、学校から帰宅して散髪に行きました。
 何度か行ったことはあるけれど、顔馴染みにはほど遠い、といった主客の距離感の店です。
 鏡の前に座って希望の髪形について床屋さんと僕との間でビジネスライクな会話が終わったあと、床屋さんが、おそらく場をもたせようとしたのだと思いますが、-つまり『当たり障りのない世間話で客の機嫌をとろうとした』わけです。-、こう言い放ちました。

 「お客さん、今日はお勤めはどうされたんですか?」

 おつとめ?????

 散髪屋さんには、当時の僕が悪意も伴わずに『お勤め人年齢』に見えた、ということです純中藥外敷療程
 これは、すごいことです。
 なぜって、繰り返しますけど僕はそのとき、15,6歳です。そして高校生だから平日の午後などという時間帯に散髪屋に行かれたわけです。さらに、僕は極普通の高校生らしい髪型をお願いしたまでで、別に『パンチパーマ』とか『健太郎カット』みたようなものをお願いしたわけではありません。
 加えて、もっと深く考察すると、散髪屋さんは『自信を持って』僕を実年齢の倍くらいに捉えた、ということになります。なぜなら、もとより僕の機嫌をとろうとした発言であるうえに、そんな時間に髪を切りに来店しているにも関わらず、高校生は愚か『大学生にすら見えなかった』ということだからです。つまり『この客は、少なく見積もっても22、23歳ですらない』という確信が彼にはあった、ということと推測されます脫髮問題




同じカテゴリー(記憶生活)の記事
 信頼を得て権 (2015-01-28 16:11)
 タ満開でかなり (2014-12-27 11:00)
 北風が吹き寒い (2014-12-04 15:18)
 努力を認められ (2014-11-14 12:35)
 動画でただ科学を (2014-11-05 15:40)
 か想像出来る (2014-10-20 17:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。