风雨の过程で

過去の棚卸し风雨の过程であり、一部の頭の中で、いつまでもいつまでもが保管されている」と、よく思い出し、时の流れもどうしてブランコを行かないの深刻な质感。奇妙に多彩な感じがします、と時間を影、时间によって作られたか、自然を変えた山河で描いてえらいた肉のほかに、私たちのA霸數學魂、时间完完整整聖域なしに寄り添えば、私たちに、だった。
杰作毎回ベガスにしておきながら、次々と消去へ行って、すばらしい次々と缲り出してくるのが现れ、更に次々と転覆され、珍しく総灭びゆく後に誕生し、まるでひとペアの神とのように手を経て、丹念に創作この全ての珍しいとはまた もかけずには彼女に捨てた。それが我々が感知の時間で、彼女は集創造と破壊を一身に受けて、希望と失望が共存し、理想と現実に巻き込まれて、生と死、古いものと新しいかかって不思議そうな表情で結びつくのだった。
へ年年歳歳の花との観測が出ていると似ており、哲学者の思考は行われていないと同意して、世界にの一枚の葉は、その花は言うまでもないしました。私が言いたいのはへ年年歳歳花を、似たようなただ美しさと惊くほど、人が変わっていって、颜と違うのは、时间を曜日とすばらしいすると同时に、花を入れ苦難と辛さ、過程を成就時間の匂いがした。
时间の味がもともと淡々と、あっさりは生命には欠かすことのできない天然の要素は、平凡な人で大半の経歴を持っている。时には、时间のにおいだろうというのが私たちの心と境遇とは違って、無力引き立ちや、「苦難の歳月」、「辛かった日だ」とし、「幸せな瞬間」は、濃厚な時間の香りがした。时间の味が一人一人が異なるのは时间味を感知しても存在する大きな意見の隔たりを見せ、同じ漆黒のような太阳の下でも人の気持ちさえできない⑴広々としてたり、暗雲の境遇の下でも堂々としてだ。
人生は短く、百味人生で、これは短い生涯を閉じた試食と道連れ、月日の无上な、白驹过隙これは时间の无念、しようがなさです。
时间は直線でに依存的なものは时间がありながらも、無起止たいしょう)を間には、一日の时间、一月の时间、1年以上の期間で、一生でたのはすべて首尾一贯している区間を行進している。時間を与えて,あなたはあなたが存在したのだろうが、时间はとある个体の存在しないで切り結ぶ崩れたり、时间に積まれている成の満ち欠け変転浮沈」であることは本当に古难しい。
待機中の時間は多くの味がする、无念の甘い、しつこくに残っているのは、酸酸的、渋いの味、待機中の时间ではそれなりの长いなければならないのか、黙ってたくさんぶらさがっバージョンだ。1件の事を一段落し、一人の遅い。花の開放し、実の成熟した段階に苦難の終わり、幸福が差し迫っていることを待っていた姉もではありません、意図的な意見を、待ち合わせの結果はや有事項かも知れないし、期待に及ばない。驗身計劃
待機中のごとく、わだかまりの想いでが白くなるのを待っていた涙が、灯を探しの恋しさに乾いてしまう。こんなが待っているとは七夕镜湖の中の河灯が十五夜のお月の下には、桂馨にや強恩には人類社会の美徳だ。中華民族には古来、感谢の伝統を、早くから、"カラスはカラスの恩、羊羔にひざまずく乳の徳」と「恩返し」の训条だった。春秋の『詩経』には「投桃报李」という声が、文人墨客たちにも「誰言寸草心、報得点3春の日差し」ではたと留った民間より万古に広がっている「玉水の恩、涌泉報復する」という言葉や「くわえる环を结び草」の話をし、同时に私达も死滅語「恩知らずの人」と「北朝鮮の徒」だった。古くから、人类の恩に感じる善徳は,恩に一人は最小限の道徳性を知ることができ、毅然とした姿を見せ真善美恩にも是非に対する最小限の覚悟を要求している。
人の一生、最初から最后まで、いつも不在に受けている外界が与えたばかりだ。「借りて河川の水を千槲研は翰墨頌深うん」私たちはよく抱きしめ一種の感谢の気持ちがあっ蘆薈汁てこそ、はじめて时刻感じられる社会各界と世の中の万物への恩返しをするつもりだ。
恩に感じる大自然、自然を与えて生存しやすい環境を整え、私达に与える最も无私な赠り物のように、膏腴の土地、美しい川の海、老衰の人生は、我々に代々が生息している。
恩に感じて親に、両亲は私达に与える生命は、われわれに暖かさと保護は、親が骨身を私たちは大きくならせて、私たちが素晴らしいの世界の中で书いたりして美しい人生だ。私たちの良いことを要して恩に感じて親に、ペプシ孝第一、多くは親に最善を尽くした時親孝行を「子まで待たずしようとする親不待」を饲いない時に来後悔した。
恩に感じる先生、「古学者しなる师、师者伝道、授业や解惑なければなりません。」先生は容赦なく教えを乞い、私达を树立した正確な人生観や価値観や世界観。感谢の恩師になった教養と文化を出力して私たちの目は世界の慧眼を出力して私たちの才能やボランティア社会で、精神的师者伝わりし続けることがという自信を得た。
恩に感じて友情、仲间私达にこの世界にはない孤独を感じ、私たちの生活は充実なでは多彩だ。感谢しなければならない友达で、彼らは私たちに真挚な友情、助けて人生を歩みの♪坎坎は、我々には无力の時に見たら、希望と太阳です。や弱の心电感应としてではなく、魂を思うわかく風雨翻りますはかなげな構図を膨らませて暮らさかもしれませんが意韵も存在してい



同じカテゴリー(落寞悲伤)の記事
 菠蘿蜜樹是製作樂器和家具的好材料! (2014-05-30 16:07)
 心中隱藏的密語 (2014-05-22 18:45)
 在我的印像中,母親是一個好強的人。 (2014-04-03 16:37)
 這個世界已經漸漸走向了一種極端! (2014-03-31 12:40)
 生命有時候的功力確實無法達到了的 (2014-03-26 17:17)
 人總是在心情失落時就會想很多。 (2014-03-03 15:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。