「避暑」いや、

いきなりの「猛暑」である產後脫髮
 本日の全国最高気温は39.3度
 天気予報の日本地図は全身真っ赤でそれを見ているだけでもげんなりする。
 熱中症で3名の方が亡くなったそうだ。

 それにしても恐ろしい数字である。
 体温より高いのである。
 高いどころかこんな高熱は一生に何回も出るものではない。
 瀕死寸前の重篤状態ではないか。

 そういえば昨年は40度だか41度だか日本記録を更新する暑さだったのを思い出した。

 41度といえば少し熱めの風呂の温度だ

 「ねこからだ」の僕は37度くらいのぬるま湯につかることが好きなので、外にいるだけで一種の拷問状態だ。
 湿度も高く、実際、外に立っていると何もせずに汗がしたたり落ちる。

 部屋の中でクーラーをかけてしのぐが、窓からの太陽光線にクーラーは敗北、18度のハイパワー運転にしても汗が出てくるのはどういうわけだ 「しっかりしろ!エアコン!」

 「トホホ・・ もう、かないません・・」

 というわけで僕は「避暑」いや、この暑さからの「疎開」を試みた。

 どこがいいかと汗をかきながらネットを漂流していると、とある場所がヒットした。

 「南極・北極 科学館」

 なんという涼しげな響きだろう・・

 調べてみると、我が家から車で約30分、しかも入場はなんと「無料」である!!

 「よし、決めた!」



  


Posted by zhangiwa123 at ◆2014年10月25日12:58好果子