配上海の景色

いつも、子供が渇望棒アメのような渇望している一人の集まるものと予想され、星倾洒暴れ、単独で酔私一人がです;どこもかしこも銀杏振って、唯落discの隣に、私が探していたとこんな感じです。と言って行きの旅行の総それほど簡単ではない。苦境は永远に影を利用する少し得ることを放棄のでは大自然の摂理だ。心配せずに、約で解決したスリーファイブの亲友に折り込んで、アモイに折り込んで、ロマンチックだ。
列車の中で騒ぎがあったってことだから、小雨抱きしめたり、万籁おわり静的だったときこそ、麻浦(マポ)にあるまします热心ないい時期だ。そういうとき、话はもちろんが多すぎて、一つ目つきはいつも多くの感情を伝えることができる。このような交流を軽く抱きしめたり、一みたいじゃないかという気が温かい。间违いないはこの両目の車両の様子が普段の友好的で、穏やかな表情で、ライトを缓和の動作を滅ぼそすべてが大したことじゃないんです。ほのかな夢の中はいつも闻の子供の声で、普段耳の声と話題に昇り(*)になったように錯覚し、柔軟な五センス人を安心と眠る。友たちを見てうずくまって横に置いた姿だ、と感じがいいですね、あなたは私のことを话してお互いに旅行に孤独ではない人生は孤独だ。
朝が上がってきて、幽魅の精霊の伴う海風が襲ってきた。到着厦門後の最初の一口空気がなくて、想像の中で甘 み 塩辛い気配化それは海の末裔だ。同僚たちの表情は伸びやかな程度からみて、私达の一行の人は来てというところだ。
第一(チェイル)駅からは「中国公民の大学の門」——アモイ大学だった。我々はこのキャンパスの美しいと同时に、感慨をここに試験の努力で、世界は永远に公平,どれがあってそれに相応しい。1群のようにしていないで、私达は雁は自分の直感、翠の葉をした長身の持ち主構築し、すべてをしないのだ视感。トンネルの中の壁画は奇怪な、絵の構造の中で、私に会ったような自分の感情であるほど、ぱっとしないほど势いを见せての共感を得るだろう。うちの歓喜悲しくて、また何人の口から、はここに描かれた別れをすれば一道(よう人生を配置し、私たちを分離して、そして各奔东だった。
汗を流し一番いいところは永远に高山、息切れのせよ、人と人の间の最側近の感は常に、この時に生成されます。疲れんた时には、休んで、待息吹が正常化した後に続け色出行。この时は许されないことを谛めていた飲んはうの厳しさも、あきらめずにしようとしているのは、一つのチームは、だから余計に満ち溢れる。頂上に立つの瞬間は、汗を流し、顔を見合わせて笑って、あなたには辉き、私は私の輝きがある。
宿へと戻ってきた時も太陽の放漫な午後まで続いていました、待収を整えて荷物を受け取ったのか良くなかった、自身の際、雨が夜の闇はすでにが重なった。ドレス、ふたつの傘のように三人の亲友である夜陰に紛れてちょうど、外出さすらった料理で食事はすでにお腹のようだった。初め、アモイの私たち、を忘れて私たちとたたかって话しはすこし笑って間が恐縮して過ごした美しい夜の時間を過ごした。
私は数え切れないほどの幻想に海を渡ってきた様子だが、たぶんそれは穏やかな、たぶんそれは会いたくての、たぶんそれは爱を私たちのことを私たちがそれを爱した。しかしすべてのファンタジーよりもあるが、それに初めて会ったときの熟知感、それは隠され、心の奥には、永遠に企及するところもある。海の出现は、このような感じがして完全に切れて、远くの青い琴、近い挂在であることを証明して确かに私はではない錯覚だ。を深く吸い込むが、私より喜び、一拍一拍波の衝撃を守ってくれた感触がした。まるで出身だと母親の声に、あんなに自然だとすれば、明らかになった。シャッターに住んでいて、仲间たちの表情は、配上海の景色を见て、ひとつひとつが感じて出塵なら、优秀で、彼女たちは笑いの甘い、笑うことができるのならば華やかだ。
细雨呢喃之声
juuweer
きいえうぇ
ふううぇ
じゅうえ


  


Posted by zhangiwa123 at ◆2014年06月30日15:55記憶生活