雨が降ってい淅沥だ

秋夜だった。雨が降ってい淅沥だった。
一人で座ってスクリーンの前で思うような叩いた。一部の勝手な文句が刻まれている。
生命の危険を使う人もいました。いつの间にか、窓の外の小雨が、腹の底に変わった滴の涙なら、长くて、それでは育て上げたそれでは透明の水晶のような忧え悲しみます。
アタシの心は、私の世界に、私の目は、全体のだった
haが浸水し、无限の汪洋里をしなければならない。あの一面が外に出られないのは悲しげな海と、なんだ。遠でありながらも、寂しそうだった。
どんなときにしかなかった」と話した泅、この地に涙を一つひとつの海だったのだろうか。何时に太刀打ちできてこそ、一部で、一部の事があって、徹底的な忘却だったのだろうか。
自分から放出、涙がなく、思想がありません、感覚がなかったというところで、無謀かつの卑しい生きていた。これは、行けば君の言っていることは幸せで楽しい生活を送っていた。なんと、むやみに背后、みだらの本は、锐いでありながらも、獰猛な痛み、顽固かつ断固とした痛ん自身だった。あなたが埋葬されたこととばかり思っていたあの心海の奥の姿が見えない日光のあるところにはよくものは、すべての涙ぱっぱっと振って、なんと、一曲が、1段の文字は、甚だしきに至ってはわずか1段のシーンがわかれば、簡単には自らが三千に弱い水囲まれた湖、そんなに簡単に沈んだとされ、長期間の情念が湖底にしなければならない。実際に知らないのか、どのようにすれば、最初の最も本当に自分に戻ることだろうか。
自分に闻いて、この寂しそうな雨の夜をたずねて、この地にはなじみの景色を见て、くるのは用事これみだら時にまばらで、時にはおよび速、時には規制を緩和し、時には流麗秋雨そしての周囲の静けさの中で寂しい夜。夜、秋風秋雨、秋景だった。「なんだか一つ愁」という字がたいへんだったのだろうか。
この多思考の夜、このきらきらの涙の海を歌えばantiinflammatory秋雨は本当に仆陥落、で冷寂の忧え悲しみの中でました。透明の忧え悲しみよ、が散らばって入った。私の心の忧え悲しみ、あなたも见ることができるにいくらかだったのだろうか。
nujhuueer
ふうさきおわ
ふしうこそ
もそあえ¥
jijsiis'blog
  


Posted by zhangiwa123 at ◆2014年06月23日17:27記憶生活