の叶扁舟

「により芙蓉」、「落日赤い夕焼け」はまた別の美の極致である。濃い緑色の浓荫、澄んだという音が、夏风の適時に大地」に例えた。「うん処ブランコを幾つかの叶扁舟、まるで正取り込んだ夏の清涼剤、骄阳背後に、やはりあの张自然母さそうな笑顔を。夏には「せみながく林愈静、鸟が山より幽」の、静寂が「绿肥レッドやせ」のとぐぼろぼろになる。
冷たい風が音羽山巻動いたが落ちて、街角の枯れ葉が、そこで、秋に近づいて、歩いては深まった。「日没秋風蕭々として人枫、森」の优しさと、ロマンチックに「切れない、理は乱」だった。懐かしいと烦愁、秋に、天地万物蓮っ葉だった。黄金色には秋と烙印を押され、农作物ではなくて、后悔の誓いが、インティグラントは秋は多の永遠の約束ではない。「夕暮れ」「小园香気うろつくだ」とし、振り向けば西江霞であっても、それは自然の母親のしわの颜だったという。
霜たたか枯れ草に足を踏み入れ、野外で、世界はこれを闻いたり、風の音だ。あの広野の端を持ち、暗灰の绿、间违い黄の薄い霭間に沈黙して……の息は固まっている寂しさが自然が重なり、世間では白雪お疲れ様不思議ですね。腊梅苦かっなどとして、「慣行が见秋月春風の心境を味わうへ行く「梅须ダサ雪三分白、雪は負け梅の1段の香り」の哲学だ。冬は、1部の異例的な美しさ。
冬去春から、そこで、季节に并んでいる。大自然がこんな立派、滞在天上人間、滞在青山路、滞在この空色の地球だ。
そこで、私は、私たちはどのように感谢して自然のプレゼント。収奪しては新しさは、漸進的なのか、それとも再び立ち上がって、自然な母平和(ピョンファ)の郷里づくりだったのだろうか。
私たちの必要があったら恩に感じて、応えたい。しかし、意図的に「見返り」をする必要はないだろう。一缕ごとな笑顔にこう書い感谢の意を表明し、それぞれ「元気でね」と笑えるの中で凝集ーーー人生を思って、それでしかない。
自然が好きでしょう!
大自然の気前の良さと无私では私达のすべての人に感知し、大量の调和しなければならない。現場でボランティアと仕返しが調和を成して、せせ四季たとえば歌が、人生は絵のようにならせて、真情善良に存在し、美しい平和共存できる。
人生、せっかく数十年、季节の後をついて、そこでも同学会の循環を少し无私でだった。
生活のあるチャヨンデコ——真情——生命にハグでしょう、——明日良いだろう!
苏醒的心
lomeng123的个人空间
jisjisiie123
じあおじゃいあおあ
midinierのblog

  


Posted by zhangiwa123 at ◆2014年06月16日16:15記憶生活